京都の夏は!!祇園祭へ行こう!!(*’ω’*)♪コンチキチン

こんにちは!
フォトグラファーの木村です(^^♪

最近京都でも梅雨…というより、ゲリラ豪雨か晴天という日が続き、
毎日ジトジト…ムシムシ…と、大変暑い日々が続いております…
全国各地でも連日真夏日などとなり、夏が近づいてきましたね(‘Д’)
皆様も、たとえ室内にいても水分はしっかり取るようにし、
脱水症状等には十分気を付けてくださいね(;´・ω・)

さて、そんなあっっっつい中、ユニバーサルスタジオジャパンへ行き、
汗だくになった私ですが、その翌日にも汗だくに…

なぜなら!!
京都の風物詩の一つでもある「祇園祭」の前祭を
メイクスタッフのえりかさんと見に行ってきたからです☆ヽ(*´∇`)ノコンチキチン

「祇園祭」

聞いたことがある方はいっぱいいらっしゃるでしょう。
行かれたことがある方もたくさんいらっしゃるかもしれません。
しかし、「祇園祭」がどのようなお祭りで、どのように楽しめるかご存知ですか?

まだまだまだまだ…京都歴は浅い私ですが、
今日は「祇園祭り」の魅力を少しでも皆様にお伝えできればと思います♪

「祇園祭」とは!!

京都の東山区(「心-花雫-」の近くです♪)にある八坂神社の祭礼(神社のお祭りのこと)で、
大阪の天神祭りや東京の神田祭と並んで、日本の三大祭りの一つです☆
およそ1100年前に、日本全国から国の数の鉾66本を神泉苑に立てて、祇園の神を祀り、
厄災の除去を祈る「祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)」から始まったものとされています。
日本全国、たっくさんの祭りがある中で、
日本三大祭りのひとつがこの京都の祭りとなると、誇りにも思えてきますね♪

そしてなにより、1100年…大変歴史を感じますね(゜-゜)!!

3-min

しかも!!
祇園祭の期間はなんと1か月!
7月1日からすでに始まっているのです!
もちろん有名なのは、本日17日の前祭(さきのまつり)で行われる23基の山鉾の巡行、
24日の後祭(あとのまつり)で行われる10基の巡行でしょう。

祇園祭の巡行では、「山(やま)」と「鉾(ほこ)」と呼ばれる山車(だし)が、
おはやしや掛け声とともに移動します。コンチキチン♪
その大きさは、なんと大きいもので12トン!!!!!!
高さも、高いもので25メートル!!!!(; ・`д・´)

5-min

な、なんて大きいんでしょう…
そんな大きな山車には、車輪がついていて手綱を引きながら進みます。
種類によって大きさや、デザインが異なりますが、
正直なところ、初心者には見分けがつきません。(笑)

しかし!由来を少しでも知っていれば、見るところが増えて楽しめるはず!!
そこで、「山」と「鉾」の違いについて
簡単にわかりやすくご紹介します♪(もはや初歩すぎる!!)

「山」は、高さはそこまで高いものではなく、
人を楽しませるための見世物として始まったといわれており、
そして、「山」なだけに屋台には木が取りつけられています。

「鉾」は、武器をイメージしているため、屋台の上に、
細長いなぎなたなどのシンボルが建てられています。
「山」と同様に木が付いているものもありますが、
高さは断然異なるので、見た目の違いは一目瞭然ですね(*´∨`*)

もし、見られる場合は、シンボルとして何がついているか、
見世物としてどんなデザインが施されているか、
ひとつひとつ違いを見るのもいいかもしれません(*’ω’*)

しかし!!そんな細かいことはどうでもいい!!ただただ暑く、
そして熱くなりたいというあなた!!( ー`дー´)キリッ
もちろん、見ているだけ、その場にいるだけで迫力十分なお祭りなので、
雰囲気は十分楽しめます( *´艸`)

さて、私が見てきたものは、組み立てを行った直後の鉾や山で、
「宵々々山」という本番直前の様子を見てきました(*´ω`*)
※14日(金曜日)に見たので、17日の前々々日という意味で「宵々々山」と言います。

三連休前の金曜日ということもあり、夕方ごろから人が増えてきましたが、
いくつかの鉾や山をみることができました!
また、おはやし(練習)の様子を公開している鉾もあり、
すでに気分はお祭り気分☆ヾ(≧▽≦)ノコンチキチン♪
浴衣を着ている人も多く、夏の訪れをひしひしと感じました。

6-min

山鉾の上に上がれるので、実際に中に入っておられる方も沢山いらっしゃいました♪

これを見たら、動く山鉾を見たい!!

と思いましたが、残念…お仕事の私は見れません!!
もし見に行かれた方がいらっしゃいましたら、木村まで是非とも感想をください(笑)

せめても…と思い、メイクスタッフの石井さん、藤原さん、渡辺さん、清水さん、宮田さんと
先日の仕事おわりに出店等を見に行きました(o´艸`)ムフフ

1-min
にしても、人!人!人!笑
人に酔いました…

2-min

また、巡行は人が多いし、騒がしい!と思った方には、
もちろん露店で美味しいものを食べるもよし(* ´皿`)
旧家や老舗が屏風などを祭りの期間だけ一般公開しているので、見に行くのもよしd(‘v`●)
(※ただし、写真のように公開期間が決まっているものもあります。)

4-min

他にも毎日、行事が行われいてるので、チェックしてみてください(∩´∀`)∩
そして、祭り等に行かれる際は、是非、電車での移動をオススメします!!

今年は、なんと156年の月日を経て復帰する「山」もあったりと、
毎年同じようで同じじゃない「祇園祭」。
今年はだめでも、来年行きたいものですね♪

京都に来られる際は、是非、皆様も一度足を運ばれてはいかがでしょうか?

コメントを書く

*
*
* (公開されません)