自称心グルメ隊長のグルメ日記シリーズ Vol.5 ~無駄にマニアックなワインとイタリア~ン編~

皆様こんばんは!
カメラマン、もとい一等グルメ大佐の今西です。
今回で早くも5回目なので、グルメ隊長から昇格です。
グルメ統合幕僚長を目指して邁進してまいります。

バックナンバーはこちらです↓↓↓
https://kisekinoichimai.com/diary/gurume4/

自称心グルメ隊長のグルメ日記シリーズ Vol.3 ~京都 円町 縁の町~

自称心グルメ隊長のグルメ日記シリーズ Vol.2 ~मैंने करी बना दिया और यह स्वादिष्ट था~

自称心グルメ隊長のグルメ日記シリーズ Vol.1 ~花街のスペインバル~

さて、今夜も一仕事終え、皆が家路につく時間。
ここから、私の1日は始まる。(ちゃんと仕事もしてますよ。笑)
沢山の観光客で賑わった、京の台所「錦市場」もこの時間だけはひっそりとした静けさに包まれています。
Italiana01
祇園店「心ー花雫ー」からほど近い、河原町駅から徒歩10分。
柳馬場通を北上し、静まり返った錦を過ぎたあたりに今夜の食卓が現れます。
Italiana02 Italiana03

今夜の食事は、老若男女幅広く愛されるあの料理。
そう、『イタリアン』です。
今回、お邪魔したのはいわゆるオステリアスタイルのお店「IL Bevitore」
四条通の繁華街からは少しだけ離れて、閑静な住宅街の真ん中に突如現れる、おしゃれネオンなお店。
外からでも見えるカウンター席に、無数のグラスやボトルがキラキラとお出迎えしてくれます♪
(アッ、下の写真はお店の宣伝写真をお借りしてます。笑)
Italiana04そう、こちらのお店の魅力はなんといってもお酒!
お店の中に所狭しと並べられたボトル。その中でもひと際目立つ所に鎮座するのは…
Italiana05なななんと!!!
あの、「ロマネコンティ」!!!
ロマネコンティとは、フランスはブルゴーニュ地方のヴォーヌロマネ村、
サンヴィヴァン修道院の隣でD.R.Cが単独所有する1.8haの畑からとれたピノノワール単一品種のワイン。
モノポールなので、世界でロマネコンティを名乗れるのはD.R.Cのワインだけ!
言わずと知れたまさに世界一の畑で世界一のドメーヌが作る世界一高価なワインなのです!
あー飲んでみたい!

の、セカンドラベル。
まあ要するにスーパーお高いワインです。笑
他にも、オーパスワンやグランエシェゾーなんか聞いたことがある方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?
オーパスワンとは、これまた言わずと知れた超高級ワイン。
アメリカはカリフォルニアのナパバレーで作られるこのワインは、音楽用語で「作品番号1番」という意味で、
『一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインはメロディのようなものだ』という思いが込められ命名さたそう。
あの!シャトームートンロートシルトの何とかさんが、ワイナリー立ち上げに携わっているのだとか…
あー飲んでみたい!!
グロ・フレール・エ・スールのグランエシェゾーは、これまた言わずと知れた高級ワイン。
ブルゴーニュでなんと村丸ごとがグランクリュ。特級畑の中でも、ロマネコンティの次に有名なのでは…
しかも、作り手も超有名なグロフレール…

なんてうんちくはどうでもよくて!
とにかく飲んでみたい!!!
まあとにかく、色んなお酒が揃うIL Bevitore!
オーナーシェフの作る、超本格的な絶品イタリアンに経験豊富なバーテンダーがマリアージュするお酒は
それはそれは、まさに料理とお酒の結婚!
超、幸せな出会いです。
世界一の酒好きを自負する今西にはたまらないお店なのです。
Italiana06てな訳で、まずは泡泡あわわ…
スパークリングワインで乾杯!(まあ、一人なんですけどね…)
gurume07
こちらは、イタリアのド定番スパークリング、プロセッコ。
辛口で林檎やレモンの香りがする、夏の一杯目に最適なフレッシュなお酒です♪
で、こいつとめでたく結婚するのは…
gurume08アンティパスト三種盛り!
イタリアンでは、
ストゥッツィキーノ(すごくちょっとした料理)
アンティパスト(ちょっとした料理)
プリモピアット(一枚目のお皿 パスタとか)
セコンドピアット(二枚目の皿 お肉とか)
ドルチェ(別腹のやつ)
の順番でコースが展開されます。
こちらのお店では、お突き出しとして細長いクラッカーのようなグリッシーニとプロシュートという生ハムが頂けます!
で、この日の三種盛りは、
アンチョビ卵と、ブロッコリーとホタテのアーリオオーリオと、カボチャとピンクペッパーの何かです(忘れました…)
どれも、サッパリとした味付けで食べれば食べるほど食欲がわいてきます…
こうして、心のおデブキャラが出来上がるわけですね。
gurume09さて、二品目。
甘エビのフリット
あれあれ、、
アンティパスト2品目ですね。。。
欲張りな今西は、3種盛りに飽き足らず、もう一品追加…
正解でした!笑
というか、無類の甲殻類ファンである僕がおエビ様を食さない訳にはいかないのですよ。
スタッフ紹介ページの作品集も何故か僕だけエビフライですし。笑
で、こちらのお店でお酒を下さるのは、超ベテランバーテンダーさんな訳なんですが、
その方に選んでもらったのがこちら!
gurume10リースリング!
夏と言えばリースリング。
サッパリとしたほど良い酸味が、油っぽさを浄化してくれ、最後にはほんのり蜂蜜のような香りが鼻を抜けていきます。
甘エビの甘さにマッチして、旨味を高めあっていきます。
意識が高いです。
gurume11早くも三品目。
プリモピアット、パスタです!
名前は長いです。
山ウズラとポルチーニ茸のラグー仕立て タリアテッレ
ウズラって食べるイメージ無いかもしれませんが、京都きっての観光名所「伏見稲荷大社」周辺で売られてる
スズメの丸焼きなるものも、実は中身はウズラなんですよ!
割とヨーロッパではポピュラーな食材のようです。
で、このポルチーニが最高も最高なんです。
イタリアの高級キノコだけあって香りが桁外れ!
松茸なんてめじゃない、爆発的な香りです!!
gurume12またまた、マスターが持って来てくださったのはコチラ。
シャトー ド クロット レ キャトル リ
ボルドー右岸の赤ワインです。
これが、もうとんでもないワインでした!
溢れんばかりの複雑な香りと最後に残るスパイスの風味が
もう、パスタに合いすぎて合いすぎて!
キノコの香りに、ワインの香り、ウズラの旨味…目が回ります
人生で最も、料理とマッチしていると感じた瞬間でした…
gurume12さあ、最後は
ワインと言えば鴨肉!
王道中の王道の食べ合わせです!
gurume13最後のワインは、
サン・マルツァーノ コレッツィオーネ チンクアンタ
イタリア、プーリア地方のサン・マルツァーノが50周年の記念に発売した限定ワイン。
ワインにも50年以上の古木だけを使用しているそう。
さすがに、しっかりと重く深ーい味わいが広がります!
最後に相応しい、ガッチリとしたワインでした!

さて…こんなに多種多様なワインをのんでべろんべろんな訳ですが…
なんと、これらのワイン、全部グラスでの提供です!!!!
gurume14ボトルリストがあっても、グラスのワインは赤白2種類なんてお店多いですよね!
そんな中、ここまで料理一品一品にあったワインがグラスでリーズナブルに飲めるなんて夢のよう!!
なんだか、最近は女性の間で密かにワインがブームらしく…
お店からも近いですし、変身体験のオフ会に皆でどうですか?
(もちろん、バーテンダーさんがいらっしゃるのでワイン以外の飲み物も沢山!飲めます)
gurume15僕の大好物ウイスキーも…

さて、見てるだけでお腹いっぱいになりそうな量でしたね。
食べた量の写真が残ってるって怖い…
最後は恒例のスタッフさんの写真でお別れです!
gurume17ご馳走様でした♥

イル ベヴィトーレ (IL Bevitore)
050-5593-7611
京都府京都市中京区井筒屋町421

阪急烏丸駅より徒歩6分
阪急河原町駅より徒歩6分
地下鉄四条駅より徒歩6分
烏丸駅から470m
祇園店「心ー花雫ー」から徒歩10分!!
{月~土曜}祝前日(17:00~翌3:00)L.O2:00
{日曜日}(17:00~01:00)L.O0:00

関連記事

  1. 黄金色のすすきを求めて

  2. 伊藤の制作物と思い出

  3. 🐡お魚の思い出🐡

  4. 2016年、今年もまもなく幕が閉じます☆

  5. ✨ESPERANTOに遊びに行きました✨

  6. 京都

    おいしいかきごおりのはなし

  7. ストロベリーな一日🍓🍓🍓🍓🍓

  8. *ノブナガの日常/ᐠ。ꞈ。ᐟ\*

engage

最近の記事

サービス一覧

  1. 舞妓体験
  2. 花魁体験
  3. 京都 狐の嫁入り
  4. レトロモダン着物撮影
  5. 変身写真ドレス
  6. 百鬼夜行
  7. 京都着物レンタル
  8. 着物ジャポニスム
  9. 中華風花魁
  10. 丁半
  11. 東京変身写真
  12. ポートレート
PAGE TOP