寒い季節の過ごし方

皆様 こんにちは!
メイクスタッフの関田です。

東京の紅葉名所の高尾山などでは、紅葉が見頃を迎えており一年の終わりが近づいていることを実感しております🍁

そして本格的な冬の到来に向け、寒さが苦手な私は既にヒートテックが手放せなくなり
お休みの日は布団と友達になりつつあります…

緊急事態宣言は明けましたが根っからのインドア派の私のおうち時間はまだまだ続きそうです(´・ω・`; )

そんな私は最近スマホで映画を見るのにはまっております✨
実は海外ドラマを見るためにNetflixHuluに加入しようか悩んでいたのですが
サイトによって見れる番組が異なるため、どこのサイトを登録をするかずっと悩んでおりました…
そんな時Amazon primeに入っていることを思い出し
プライムビデオ見れるじゃん…!
と気付きスマホで見始めました
(本当はPCで見たいのですが、5年以上前に購入した為、挙動がおかしなことになってしまい断念しました(´;ω;`))
という事で今回は最近見た中でお気に入りの映画をご紹介させて頂きますm(_ _)m

 

僕のワンダフル・ライフ

野良犬として生まれ、生後数ヶ月で人生を終えた子犬
自分が生命を受けた真の目的は何か
生涯に渡る疑問を持った子犬は転生し、レトリバーの子犬として生まれ変わりますが売り飛ばされる為に捕まり
また命の危機を迎えてしまいます。
ですが、危ないところで少年『イーサン』とその母親に命を救われ『ベイリー』と名付けられます。
そして少年とその家族と一生を過ごすことになりました。
ですが、犬の人生は人の一生より短く終わりを向かえてしまいます。
成長したベイリーは最期の瞬間を大好きなイーサンに見送られて旅立ちます。
再び転生し今度は警察犬として大活躍。
ですが、ある日少女を助け、飼い主の危機を救ったが撃たれてしまい人生を終え、今度は女子大生の愛犬として転生
犬種も性別も越え何度も別の犬に転生するベイリーは再び大好きなイーサンと会うことができるのか…

こちらの映画は『野良犬トビーの愛すべき転生』という小説が原作となっているドラマ映画です。
生まれ変わる犬と人間の物語なので辛い部分や泣ける場面もありますが重苦しい感じは無いのでご安心ください!
基本的にはベイリーがいたずらをして面白かったり癒されるストーリーです(*´∀`)

私は好きな犬種が出演していると知って観始めたのですが、ベイリーのいたずらに笑い
転生する場面は毎回泣いて感情がジェットコースターに乗っておりました…

物語が人間の視点ではなくベイリーの視点で描かれているのも新鮮でした…!
殆どの場面が犬の視点で語られるので、監督は犬たちが何をどのように見ているのか、何色に見えるのか
という部分も含め徹底的にリサーチしたそうです!

ちなみに日本語吹替え盤はベイリー役を『名探偵コナン』の小嶋元太役や高木刑事役を担当している高木 渉さん、
大人になったイーサン役を『ブラック・ジャック』のブラック・ジャック役や『メタルギアソリッド』のソリッド・スネーク役を担当している大塚 明夫さんが担当しております(*´ω`*)

 

『デイ・アフター・トゥモロー』

地球温暖化により、南極大陸の棚氷が融け始めた
棚氷の調査中にその光景を見た気象学者の『ジャック・ホール』は、温暖化によって極地などの氷が融解して真水が海へと供給されることで海水の塩分濃度の変化が起こるなどした結果、海流の急変が発生し、これが将来的に氷河期を引き起こす可能性を考え、危機を訴えたが、実感のなさから相手にされなかった。
しかし、その数日後から世界各地で異常気象が頻発し始める。東京ではゴルフボールサイズの巨大な雹が降り注ぎ人々を襲い、ロサンゼルスは巨大な竜巻によって壊滅、イギリスではスーパー・フリーズ現象によってオイルが凍結してイギリス軍のヘリコプターが墜落。
そしてジャックの息子と友人のいるニューヨークには豪雨と巨大な高潮が押し寄せる。
ジャック・ホールの予測した将来的に起こるはずだった氷河期が現代に到来した。

こちらは地球温暖化によって突然訪れた氷河期に混乱する人々を現実味を持って描いたパニック映画です。
フィクション映画ですが、2002年に実際に崩壊した棚氷に大規模な亀裂が走る場面が出てきたりと、フィクションではなく史実である部分も存在しているそうです。
実は以前一度見たことがあったので二度目の視聴でしたが、当時は小学生だった為あまり内容が理解できず…
改めて見ると内容もですが、CGの綺麗さや迫力に圧倒されました!
もし現代で氷河期が訪れたら?と言う事を考える映画でした。

 

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション

冴羽獠』は、探偵、ボディーガード、殺しを請け負うスイーパー(掃除屋)、通称「シティーハンター
相棒の『槇村香』と共に法では解決することのできない様々な依頼を受けている。
しかし、裏社会ナンバーワンの腕をもつ獠には無類の女好きという欠点を抱えていた。特に、美人にはめっぽう弱く、しばしば香に「天誅」を加えられる。
ある日、獠はその香りを嗅いだ者を魅了する「キューピッドの香水」を警護する依頼を受ける。しかし、何者かに香水の入った鞄が奪われてしまった。香水の効果を試していた獠と香は、香水の効果が永遠に消えなくなる48時間後までに香水の奪還を強いられることになる。

こちらは大人気作品『シティーハンター』の実写映画です✨
監督が脚本と主演もおこなっており、監督のフィリップ・ラショーは小学生の頃から『シティーハンター』の大ファンで、権利元の事務所へ実写版の企画書・プロットを直筆の手紙と共に送ったところ
気に入られて、今度は18ヶ月をかけて書いた脚本を携えて来日し、映画化が実現したそうです!

予告が発表された際から気になってはいましたが中々見ることができなかったのですがAmazon primevideoで発見しやっと視聴出来ました…!

監督が「原作に可能な限り忠実であること」を目指したそうで、漫画やアニメの世界が現実だったらこんな雰囲気なのかな?と思うような映画でした(*´ω`*)
吹き替えを担当した声優さんはアニメ版の神谷明さんと伊倉一恵さんから山寺宏一さんと沢城みゆきさんに変更されており、神谷明さんと伊倉一恵さんはスペシャルゲストとして別役で出演しております♪
そして、海坊主役は玄田哲章さん、槇村秀幸役は田中秀幸さん、野上冴子役は一龍斎春水さんとオリジナルキャストがそのまま起用されているのも見所です✨

 

最後にご紹介させて頂くのはクリスマス🎄を舞台にしたこちらの映画です

グレムリン

クリスマスプレゼントとして発明家の父『ランダル・ペルツァー』から『モグワイ』という生物をプレゼントされた息子の『ビリー』一家は素直で愛らしい仕草を見せる利口な『モグワイ』に『ギズモ』と名づけます。
ですが…

に当ててはいけない。
をかけたり、濡らしてはいけない。
真夜中食べ物を与えてはいけない。

この3つの誓いが破られた時、可愛いモグワイは恐るべき凶悪な怪物『グレムリン』へと増殖していきます。
そうして平和な田舎町キングストン・フォールズは悪夢のクリスマスを迎えることになり…

こちらの『グレムリン』映画は視聴された事の無い方でもぬいぐるみ等のグッズを見たことのある方も多いのではないでしょうか?
なんと公開から30年以上経っておりますが、毎年のようにアパレルブランドとのコラボアイテムやキャラクターグッズが商品化され続けているそうです!

ご紹介させていただく映画はホラー/SFブラックコメディというジャンルですが、ギズモが光に当たってしまったり、危ない目にあった際「マブシー」「コワイー」と話すので全然怖くなく…むしろギズモが可愛い映画でした✨

因みにこちらの映画で使われているモグワイは一体だけでなく、何種類ものパペットを使っており…

画面にモグワイが映るだけのシーンやカバンに入れられているショット→動かないパペット
モグワイの上半身が動くシーン(引いたカットの撮影など)→手を入れると顔と両手が動くパペット
俳優に抱かれているシーンや俳優とともに出演するシーン→リアルサイズのワイヤーパペット
モグワイが画面にいっぱいに映されるシーン→大きなワイヤーパペット

…と様々なパペットを使用したり、CGではなくストップモーション・アニメーションが使用されているそうです!

 

今回は私が最近みた映画(といっても公開されたのは以前の作品が多いですが…)をご紹介させて頂きました!
まだまだ紹介させて頂きたい映画やドラマなどもたくさんあるのですが、
語り出すと止まらなくなってしまうので ;´Д`)

お会いした際には是非皆様のオススメ作品も教えて下さい♪

最後までお読みいただきありがとうございます✨

関連記事

  1. 春のこもれびの中で。 ~京都、梅だより・城南宮~

  2. 三栖ちゃん宅にご訪問✨

  3. 肉会1

    ♡NIKU会♡

  4. おうち時間を楽しむ東京のお取り寄せグルメ。o○☆*゚

  5. #私が最近はまっている事♡

  6. 京都観光雑誌

    京都 着物さんぽさんに「心」が掲載されました♪

  7. ♡スタッフ夏休み日記♡~PuPuPu Phuket~

  8. みんなのおうち時間ぶろぐ vol.2

engage

最近の記事

サービス一覧

  1. 舞妓体験
  2. 花魁体験
  3. 京都 狐の嫁入り
  4. レトロモダン着物撮影
  5. 変身写真ドレス
  6. 百鬼夜行
  7. 京都着物レンタル
  8. 着物ジャポニスム
  9. 中華風花魁
  10. 丁半
  11. 東京変身写真
  12. ポートレート
PAGE TOP